NYへ

映画が大好きな父にとってNYはあこがれの地。ずっと行きたいと言っていました。一方自然志向の母はあまり…。大きな東京でしょ、って考えていたんです。
でも、やはり行ってみると圧倒されます。重厚なビル、いつか映画で見たことがある景色、速足で歩く都会的な人々。芸術作品の充実度もすごい。
やはりここが世界の中心だいうことを実感させられ4日間でした。

JFK空港

アイスランド航空はJFK空港へ向かいます。窓の下は光の洪水。アイスランドとは全く違った景色が広がります。

空港に到着し、入国審査。なんか怖い審査官でした。ぼそっとしゃべるので聞き取りづらく、ちぐはぐな会話に。私はアワアワ、むこうはイライラ。ううう、前途多難です。
それでも何とか無事入国。荷物をピックアップし両替所に向かいます。

アイスランド同様クレジットカードをメインに使おうと考え、少額を両替しました。
でもこれがちょっと失敗。チップ社会のNYでは、小銭が結構必要で、心細かったです。この日は金曜日。翌日に追加両替しようとするも、銀行は休みで、結局タイムズスクエアのレートが悪い両替をすることに。日本のレートがいい両替やさんでドルに替え、持ってくればよかったです。

空港からエアトレインに乗車、ジャマイカ駅で乗り換えました。ここでエアトレインの料金を精算。地下鉄乗り放題のメトロカードを30ドルで購入。係員に、「メトロカードはパックになったものを売店で買う方が安い」と教えられ売店に行くも、現金のみしか使えず。券売機でクレジットカードを使い購入することになったのですが、少し手間取りました。

空港到着時間は18時。エアトレインは快適だったのですが、20時ごろの乗車となった地下鉄は、空いているもののお酒を飲み泥酔している人もおり、少し怖い雰囲気です。とても写真を撮る気分にはなれませんでした。そのため状況を文章のみでお伝えしました~(笑)

緊張の中NY観光スタートです。

コートヤードマンハッタンミッドタウンイースト

地下鉄E線に乗り、レキシントン53丁目駅で下車します。地図だと駅のほぼ真上にあるホテルなので、日本のように直接通路があるかな、と思ったら無し。そっか、そこそこのホテルと治安の悪い地下鉄をつなぐ通路なんてあるわけないですよね、考えてみたら。

地上に出ようとするも位置感覚がつかめずウロウロ。地図を前に混乱していたら、女性が「ダウンタウンの方に出るのよ」と教えてくれました。でも、そのダウンタウンが分からないんです(;^ω^)

それでも何とか地上に上がり、ウロウロしていると目指すホテルを見つけました。チェックインし、やっと部屋に入ります。

長すぎる一日。午前中はアイスランドの温泉に浸かっていたなんて信じられません。ご飯を食べに出る元気はなかったので、ホテルのあるビルの一階にある薬局でお弁当を買ってくることに。

ところがこれが…なんか変な味なんです。同じ種類のものを買ってきたのに味が違う。片方は変に酸っぱい?
これ、痛んでいるのじゃないかなぁ。いやいや、天下のNYでそんなことないよね。首をひねりながら食べ、我が家では珍しく残しました。翌日になったらさらに大変な臭いになってしまったので結局捨てることに。何だったんだろう。いまだに不思議です。

ご飯を食べてほっと一息。ホテルはマンハッタンのど真ん中。NYという土地柄を考え、近代的なホテルにしました。ここのウリは、このクラスのホテルのわりに部屋が広いこと。2012年に改装され、とても新しくて清潔です。ベッドも快適でした。

何はともあれ、とにかく今は休むのが肝心。明日からの観光に備え、早々に就寝しました。

   BACK  TOP  NEXT

inserted by FC2 system